フランス料理に海苔巻き

結婚式と披露宴は招待制でホテルで行いました。
舅は田舎で手広く商売をしており跡は継がないものの長男である夫の結婚式には口も手も存分に出して来ました。

お色直しの回数が当初の予定より増やされ着替えとメイクばかり忙しかったのは
ともかく意見がぶつかったのが料理でした。

洋食が看板のホテルだったのでフランス料理のフルコースを希望していましたが、

お年寄りには食べられない量が少なすぎるなどの理由で、揉めるばかりで話が進みません。

結局、最後は面倒になりこちらが折れて海苔巻きとお刺身の舟盛りを追加することになりました。

当日は、折角のテーブルコーディネートも真ん中に置かれた海苔巻きと刺身でチグハグになり
情けない思いでいっぱいでした。

好き好きはあるにしろ、数人ご招待したお年寄りも洋食は食べられない方など皆無でした。

そして、1品1品は少なく見えても、フルコースはデザートの頃には満腹になります。
まして、食べることが目的で集まっているわけではないので

追加したメニューはどのテーブルもほとんど手付かずで残ってしまいました。

しかし、義父母にとってのおもてなしは食べきれないほどの食事を供することとイコールだったため

大量に残った食材を見て非常に満足したようで、
その後の結婚生活で価値観の違いを実感する序章となりました。

何かとお金がかかる時期に不要なメニューの追加は予算の点でも厳しくなり、
結婚生活のスタートが、大量の食材廃棄となったことはとても残念でした。

引き出物に関しても同様で相応の品を選んでいたにもかかわらず
名前入りのまんじゅうを追加することになりこちらも予算をオーバーしました。

また、夫側の招待客は舅の取引先の方も多く全く夫と面識がない方々のテーブルは

白けた雰囲気が漂っていました。

招待を受けて下さった方への感謝は大切ですが徹頭徹尾、見栄に振り回された結婚式は

ホテルの対応は良かったけれどどこか冷めた思い出になっています。

話は変わりますが、応援サイトのご紹介
マッサージ師や整体師の方向けの求人サイトのご案内。
ウィルワンの転職支援サービスなら手取り足取りあなたの求職を応援してくれます。
ウィルワンのマッサージ、整体師の求人サービスはこちらから。