披露宴に15回以上、出席しました。中にはこんな宴も・・・。

披露宴出席15回以上、などというと、さぞかし「セレブねぇ~」、と思われそうですが、実はそんなことはないのです。

北海道出身なので、ご当地での会費制の結婚式が多く、
会費制というのは友人はもちろん、上司も親戚も先輩も後輩も、金額が一緒で割安ということもあってか、
とにかく出席者が多い。150人などというのもザラで、多い式だと300人を超える招待客が訪れます。

それで、北海道在住約30年の間に、自分で会費を払ったものだけでも10回以上、結婚式に出席してきました。

みなそれぞれでユニークな式をされているのですが、
残念だったお式ワースト3のタイプは、
「主賓のあいさつが長い」「余興が下品」「出席しているこちらが異様に気を使う」ですね。

とくに、最初の二つは新郎新婦の力が及ばない場合もありますが、
「出席しているこちらが異様に気を使う」お式だけは、本当に残念です。

「サプライズスピーチをお願いするかも!よろしくね!」ぐらいならまだいいのですが、
会社の関係で呼ばれたお式で、上司や幹部が居並ぶテーブルに押し込まれたりすると、本当にツライ。

出席者が多くなっても、席次はきちんと考えたほうが良いと思います。

びっくりしたお式といえば、プリクラが全盛期のころ、
当地では知らない人のいない商店街の跡継ぎの男性と結婚した大学の友人のお式で、「結婚式専用仕様」のプリクラが片隅にあったこと。背景をオリジナルで用意したらしいです。

結局、みな遠慮したのか、どんな背景なのかも、写真の仕上がりもさっぱり分かりませんでしたが、
今思えば、話のタネに撮ればよかったと思います。

他には、とある老年の有名人(芸能人ではありません)が、遠戚という関係で媒酌人をつとめたお式も驚きました。

とくに年配の人は「この人に生で会えるなんて・・・!」という態度で媒酌人のあいさつを聞いていましたが、
夜に首都圏方面で仕事があるとかで、午後の地方のお式を媒酌人が途中退席したことにびっくり。

今でもご健在で、ときおりテレビで見ますが、
「頼まれ仲人」でも、ひどい人だよな、とテレビを見て毎回思ってしまいます。

話は変わりますが、応援サイトのご紹介
マッサージ師や整体師の方向けの求人サイトのご案内。
ウィルワンの転職支援サービスなら手取り足取りあなたの求職を応援してくれます。
ウィルワンのマッサージ、整体師の求人サービスはこちらから。