海外挙式の思い出

私はグアムで挙式しました。

国内だと、会社関係やら親戚関係やら、
いろいろと招待しなくてはならず大変そうだったのと、まず第一にお金がかかると思ったからです。

東京で挙式をするとしたら、主人の親戚が九州の人が多いので、お車代をかなり払わないといけないというのが頭にあり、
ご祝儀をいただけるのかもしれませんが、まずは自分たちで式場やらお車代やらをいったん支払わなければならないのがネックでした。

安くても数百万かかる計算でしたので。
その点グアムだと、参列するのはお互いの家族だけなので、海外挙式会社に支払うお金と、それぞれの家族の旅費を合わせても
国内で挙式をするよりは断然安いです。ということでグアムにした次第です。

海外挙式は概ね満足ですが、少しだけ残念なことがあります。
一つ目はドレスです。

私が利用した海外挙式斡旋会社のシステムは、国内でドレスを選んで現地でレンタルするというものでした。
国内ではちゃんと試着もできるので、かなりイメージを掴むこともできました。

ところが、現地で用意してくれていたドレスの丈が短い!!おそらくクリーニングで縮んだのでしょう。
私は背が高いので、そのドレスを着ると、足首が出てしまいました。

とはいえ、いまさらドレスを変更するわけにもいかないので、常に少しかがんでいる状態で式に臨みました。
写真ではたまに気をゆるして足首が出てしまっているものも残っています。無念です。
もうひとつはメイクです。

今ではきっとメイクのリハーサルなんかもあるのかもしれませんが、当時はそういったものはありませんでした。
日本から雑誌の切り抜きを持っていき、「こんな感じで」と、当日、メイク担当のかたにお願いしました。
が、出来上がったのは「ザ・アジア人」という感じのメイクでした。

外国の人がメイクをするとこうなるのかな・・・という感じでした。
そして最後が写真です。

現地カメラマンさんが撮影をしてくださったのですが、これがなんともプロっぽくない仕上がりでした。
背景をぼかしたりとかそういったことがまったくなく、とにかくくっきり!すべてくっきり!!

うーん、いまいち・・・としか思えませんでした。

ただ、明るいリゾートウエディングでしたので、
そういったことも言ってみれば味のような感じで今では良い思いでです。

一生に一度のことですから、笑い話にしたほうがいいですね。

話は変わりますが、応援サイトのご紹介
マッサージ師や整体師の方向けの求人サイトのご案内。
ウィルワンの転職支援サービスなら手取り足取りあなたの求職を応援してくれます。
ウィルワンのマッサージ、整体師の求人サービスはこちらから。