安く!そしてこだわって自分で出来る限り準備するのは楽しかったです

あまり予算がない結婚だったので、式も披露宴もナシ。写真だけは地元のスタジオで撮ってもらいました。

でも、みんなにきちんと披露しないでこっそり結婚してしまうと
離婚しちゃう不安があったので、がんばってお友達をたくさん呼んでパーティーだけやりました。

とにかく予算がないので必要なものはインターネットを使い調べまくりました。

ドレスは楽天の海外製の可愛いオーダーミニドレスで4万円。
自分で採寸しなければならないので不安でしたが、まぁ、一日しか着ないものだし!
安いし可愛いし十分でしたよ!周りからの評判も良かったし!

靴も海外の気に入ったデザインで注文。これはカラー表示が日本語訳と認識が違ったので届いたものが使えず、もう一度注文し直しました。

しかも交換ができなくてちょっと揉めちゃいました。てもでもデザインが本当に好みだったので仕方ない!

アクセサリーは、ティアラやヴェールなどは使わず京都のシルクフラワー屋さんでヘッドドレスをオーダー。

自分でも頑張れば作れそうだったけど、その京都のシルクフラワー屋さんがとてもセンス良かったので
イメージだけ伝えておまかせしました。

生花にしなかったのは、本当にセンス良いシルクフラワー屋さんだったのでパーティー後も使えると感じたからです。

招待状も、席次表も、手作り。印刷も家のプリンターを使いました。

パソコンのワードを使っての構成は大変だったけどでも楽しかったかな。

切手だけは少しこだわり、自分たちの写真をオリジナル切手にしてそれを貼って送りました。

出来上がってきたオリジナル切手が思っていたよりも大きくて少し恥ずかしかったけど話題にもなったのでよかったです。
あと、返信用の葉書の切手も可愛いディズニーのものにしました。

自分たちに返ってくるものだから、どうせなら可愛い自分の好きなもののほうがいいかなって!笑
所々フランクに、遊びを入れたけど、きちんと大安の日に出しました。

あと事前準備で頑張ったのはプチギフト。きちんとおいしいものが良かったから、
自分が食べて気に入った北海道のバームクーヘンを取り寄せました。

そこのお店では特にウェディングギフトはやっていなかったので10個入りセットのもの買って1つずつ小分けにしました。
後は誰でも使えるウェットティッシュと母と2人で手作りしたハートのコースター。

これはね、もう喜んでもらえるとかじゃなくて、自己満です。笑
母と2人で手作りしたと言う気持ちです!
とりあえず、バームクーヘンはすごく好評でした!

人生に一度しかない結婚パーティー。
大変過ぎたからもう絶対に一度限りにしたいと自分で思えるように、できる限り自分で準備をしました。
結婚生活を長く続けるためにも、こういう努力は実際のところは大切かなと思います。