遠距離カップルの結婚式

私と彼は、名古屋で出会いましたが彼が実家の秋田に転勤になった為、結婚式は両家の真ん中と言うことで東京で行いました。

式場探しはお互いお休みの日に東京に出向かなければならなかったので、とても大変でしたが、親切なプランナーさんがなるべくメールで打ち合わせをして下さったので金額的な負担は少なくて済みました。

挙式の会場は親族が宿泊できるようにホテルを選びました。
挙式前日は10月だというのに台風が関東を直撃し、新幹線で来る参加者がこれるのかとてもハラハラしました。

天気がよければ東京タワーの見える屋上で挙式でしたが、そんな天気だったので、室内での挙式となり、少し残念でした。

私はドレスでしたが、彼と私の父親が同じ職種だったので制服を着てバージンロードを歩きました。
父は定年間近だったので良い親孝行になったかなと思います。

特に決まった宗教を信仰していないので誓いの言葉は人前式で行いました。
普通なら出番のない両家の祖父母を代表の立会人に指名してサインもしてもらいました。

披露宴では、事前に友人たちに「新婦のドレスの色当てクイズ」の紙を渡したのですが、
私が黄色をイメージカラーとしているのを知っている彼女たちは「カナリアイエロー」「ひまわり色」「レモン色」等、面白い回答をしてくれました。もちろん黄色のドレスを着ていました。

少人数での挙式だったので、出し物はやらない代わりに何かみんなが参加できる演出はないかと考えて、
ウェディングケーキの飾りつけもお願いしました。

いちご等の果物やカラフルなチョコペンを用意して、新婦のお色直しの時にデコレーションしてもらいました。

みんなが遠慮して盛り上がらなかったらどうしようという不安もありましたが、
後から写真を見たらみんな笑顔で盛り付けやイラストを描いてくれていたので安心しました。

歌の得意な彼のお父さんは秋田の長持唄を披露してくれました。

派手ではありませんが、少人数なのを生かしたアットホームな式ができて参加者からの評判もよく大変満足しています。

話は変わりますが、応援サイトのご紹介
マッサージ師や整体師の方向けの求人サイトのご案内。
ウィルワンの転職支援サービスなら手取り足取りあなたの求職を応援してくれます。
ウィルワンのマッサージ、整体師の求人サービスはこちらから。